2017年7月31日月曜日

2017.07.17 Nishi Tokyo Big Band Fes SR Project終了報告

2017.07.17 Nishi Tokyo Big Band Fes SR Project終了報告

さて、今回で5回目になる社会人ビッグバンドの祭典。



昨年はとんでもない移動スケジュールでした。(じぶんがわるい)
http://m-aquastaff.blogspot.jp/2016/08/20160718-musashino-big-band-fes-sr.html

2013年から担当しておりますが、一回目の時は卓がDM1000でした。
http://m-aquastaff.blogspot.jp/2013/09/20130715-musashino-big-band-fes-sr.html

5-6月とDUC関連のことで奔走しておりましたが、ひっそりとエムアクア号は30万キロを超え、2度目のクラッチ交換。

長文、資料及び画像膨大ですが、Archiveとして、またBig Band Live Soundの参考の一助になればと思い記します。

夏の前半戦が始まりました。
 暑い、湿気多い。

会場は、西東京市文化会館。
今回からイベント名が西東京ビッグバンドフェスティバルと名前が変わりました。


大きなシステム変更はないのですが、ポイント3つ。
1:FOHのProcessorを変えた。dBx VENU360(よこやまさんほんとにありがとう)
2:FOHの積み方を工夫した。逆T字
3:Side Brass SAXのMonitorをBOSE502→RCFに
4:PfをDPA4099×3に。
5:DrumのTop OH MicにDPA4011Cを導入




1:FOHのProcessorを変えた。dBx VENU360のC/Dのクロス設定とAuto EQのリザルト(Room EQ測定結果)



事前にC/Dのレコメンド設定をしておいてから、Auto EQをかける。







今回Auto EQのターゲットをFlatにしてみた。こっちの方がいいみたい。


2:FOHの積み方を工夫した。逆T字は安定感と低域の量感あっていい。



3:Side Brass SAXのMonitorをBOSE502→RCFに
黒ザルは2段重ねでもよかったね。


でも、結局近すぎてFootにしたのだ。

4:PfをDPA4099×3に。これはもう決定打です。


ホールの奥に突っ込める。


5:DrumのTop OH MicにDPA4011Cを導入
質感がいいのと、このDPAが目指すサウンドの理想がいいんだな。




ドラムモニターかさ上げ。スタッフの皆さんありがとう。


KickはRE320です。もうちょい出してもいい。



卓廻りに3本くらいしか繋がってない。(BGMとTBだけ)
R44は最近こんな接続。
AES-1/2chでDigital PA OUT 2mix
Ana-3chで、測定用のdBx RTA-MのマイクをAud用に。
SyncがAESでかかるので、32ch+増設2chDirect+Aud1chができる。



やっぱ、客席がスロープ前下がりは数日腰が痛かった。

HAはこんな感じでした。
Sax Tb TpはDigital TrimでQL側で調整。

WL Pana受信機はこのくらい。

Pfの4099は+23dBあたりが妥当。


Youtubeにスインギンパラダイスさんの動画がアップされていました。


昨年導入のSax用フレキなど、だんだんとLarge Emsenble JazzのLive Sound手法の経験が積み重なってきました。

あとInput8chくらい、きめ細かいMonitorがあると、やりたいことに手が届いてきます。
Monitorに関しては、今試行錯誤中なのが、このスピーカーを導入予定です。


驚きの小ささ。

ドイツはThomas製のCPです。侮れません、このサイズ感でこの音色。
これをBrass Sax SectionやChoir Sectionに細かく置きたい。

まだまだやります、がんばろー。
Mix宿題を続けます。

0 件のコメント: